面接を受ける際のコツ

面接の時は靴を工夫しよう

面接を受ける際のコツ 学生にとって就職活動はとても大変な事です。たくさんの企業案内に参加したり、求人に応募して面接試験を受けたりととても大変です。そんな中でも、面接時のマナーを守って身だしなみや髪形など気をつける部分もとても多いです。そんな中、気をつけておくべきポイントとして靴があります。靴は面接で座って話をする時に、目線を落とすと自然と足元に目がいきます。靴が汚れていたり、面接では相応しくない靴の場合はすぐに気付かれてしまうので注意しておくことが大切です。基本的に靴は女性の場合はパンプスを、男性では革靴が基本です。特に女性はピンヒールやブーツなどはマナー違反なので注意です。

ですが長い就職活動期間中に革靴やパンプスを履き続けるのは、足にも疲れがたまって辛いです。そんな時のため、移動の間だけは運動靴などを利用するのが便利です。自宅から面接する企業までの移動時間は、歩きやすい運動靴にしておきます。そして最寄駅などで革靴なりパンプスに履き替えて、運動靴は駅のコインロッカーにしまっておけば大丈夫です。何社も歩き続けるのですから、移動中に靴をかえるなどの工夫をすることで、靴を履き替える工夫を取り入れるのはとてもおススメです。ずっと窮屈な靴を履き続けるのではなく、何処かでリセットする瞬間を作るようにすると良いです。


Copyright(c) 2019 面接を受ける際のコツ All Rights Reserved.