面接を受ける際のコツ

面接の際に人の話を聞かないのは要注意

面接を受ける際のコツ 学生などは卒業などが決まればあとは内定だけです。その為、数多くの企業に応募して面接試験を受けていきます。面接試験は受ければ受けるほど勉強になるため、徐々に緊張せずに上手に面接を受けることができるようになっていきます。それ自体はとても良いことなのですが、面接に慣れ過ぎてしまって面接官の話を聞かなくなってしまう傾向が出てきてしまう人が多いです。例えば面接をしていくと同じような質問をされることが増えていきます。そのため答える内容がすぐに分かるので、面接官の質問が終わっていないのに答え始めてしまうといった事が起こってしまいます。

質問に対してくい気味で答えてしまったり、質問に対してまったく的外れの答えになってしまったりすることにつながってしまいます。また慣れることによって、面接官が聞いてもいないのに逆に質問をしてしまう人もいるようです。面接は回数を重ねて慣れることはとても良いことです。ですが、慣れ過ぎることによって質問に答えすぎてしまうのも、面接官にとっては良い印象を与えるものではありません。質問にくい気味で答えてしまうと、本当に面接官の質問を聞いているのかどうか疑われてしまます。社会人にとって大切なのはコミュニケーションですので、しっかり面接官の話を聞いて1つ1つ丁寧に答える事が大切です。


Copyright(c) 2019 面接を受ける際のコツ All Rights Reserved.