面接を受ける際のコツ

面接時に注意すること

面接を受ける際のコツ 面接はどんな時でも何度行っていても緊張するものということに間違いはありません。中には全く緊張しないという人もいますが、そういった人は稀であり、多少の緊張感は持っていた方が良いです。緊張している人の場合は特に注意しなくてはならないのが、面接官のタイプです。面接官には、厳しそうなタイプの人もいれば気さくでフレンドリーに話してくる人もいます。厳しそうな人の場合には、緊張感を持ったまま臨むので問題はありませんが、フレンドリーな面接官の場合には油断して自分も馴れ馴れしくなってしまうことがあります。面接官と応募者ということを忘れてしまうような馴れ馴れしさは、面接官に不快感を与えてしまいます。

面接時にはどんな人が面接官なのかという点はかなり気になるところではないでしょうか。面接官によって採用かどうかが左右されるので、気になるのは当たり前のことと言えます。面接官がフレンドリーな場合には、良かったと思う人が多いですが、その油断が面接官の狙いでもあります。油断すると人は普段の自分が出てしまいます。その際に本来の姿を見ようとしているので、油断して無駄な話をしてしまわないように気をつけておかなくてはなりません。


Copyright(c) 2019 面接を受ける際のコツ All Rights Reserved.