面接を受ける際のコツ

面接は丁寧な言葉遣いが基本

面接を受ける際のコツ 面接を受けるときは、言葉遣いにも気を付けなくてはいけません。丁寧な言葉を使うのは、社会人のマナーです。しかし、普段あまり丁寧な言葉を使い慣れていない人、敬語がよくわからない人は、面接の場でついいつものような言葉遣いになってしまう可能性もあります。たくさんの人を面接してきた面接官が相手だと、使い慣れていない人の敬語はすぐに不自然だと気づかれてしまうでしょう。特にお客さんと接するお仕事の場合、丁寧な言葉遣いができない人は安心して仕事を任せることができないでしょう。一度ビジネスマナーなどの本で敬語の使い方について学ぶのも良いでしょう。

面接官によってはフレンドリーな話し方をしてきたり、雑談風な質問をしてくる人もいるでしょう。そのような面接官が相手だと、つい気が緩んでしまって自分も軽い言葉遣いになってしまうことがあるかもしれません。しかし、面接時は面接官がどんな話し方をしても自分は丁寧な言葉遣いを崩さないようにしましょう。また、雑談のような話をされると、つい口が滑ってしまいがちです。余計なことまで話してしまうかもしれませんので注意しておかなくてはいけません。面接中はいつも丁寧な言葉、丁寧な立ち居振る舞いを心がけましょう。


Copyright(c) 2019 面接を受ける際のコツ All Rights Reserved.